英語ができないまま海外へ行くとどうなるのか?

こんにちは、まきです^^

 

最近インスタDMでワーホリに行きたいと考えている方から「英語が全然できないのですがワーホリできますか?」と聞かれることがとても多いです。

 

うん、うん。うん。

答えを言うと「できなくはない」です。

 

英語ができなくても、ワーホリはできます。

でも、その土地で暮らして仕事をするならば言語はあまりにも大切です。

 

私は英語をあまり勉強しない状態でワーホリでオーストラリアへ行ったのですが、現地へ行ってから「もっと英語を勉強してこればよかった~!」と鬼の後悔しました。

だから、皆さんにはできることなら英語を勉強してから海外へ行ってほしい。

 

私は英語ができないまま海外へ行き、すごく惨めな思いをしたので。

 

英語ができないまま海外へ行くと”何に”後悔するのか?

英語を勉強していかないと後悔するよって言われても実際に海外へ行った訳じゃないし”具体的に何に後悔するの?”と思いますよね。

 

それはずばり、”海外へ行く前にもできた英語学習をしなかったこと”にとても後悔します。

 

皆さんは現地でしか学べないことってなんだと思いますか?

それは、その土地の英語の発音や言い回しといった”生の英語”です。

 

ネイティブはどういった英語を実際の会話の中で使うのか。仲のいい友達や、お店の店員さん、目上の人にはどんな言い回しを使うのかなどなど。

でもそういう英語を学ぼうと思ったら、英語をある程度勉強していないとその機会を無駄にしてしまうことになるんですね。

 

 

何を言っているのかさっぱりわからないという状態では、まず基礎から勉強しなくてはいけません。

実際、現地に着いて私はネイティブが話す英語はまったく理解できなかったのでめちゃくちゃ焦りました。これはまずいと思い、ワーホリの最初の方はひたすら家にこもって勉強することになるんですよね。

 

生の英語と触れ合える時間をわざわざ削って、日本でもできたような基本的な英語学習をワーホリの時間を使ってするってほんと悔しいんですよ。

 

そして言語を習得するのってめちゃめちゃ時間がかかります。

英語の勉強をしている人や経験した人はわかると思うのですが、言語を学ぶって本当に難しい。泣

 

 

なので、いつまでこれを続ければいいんだろうって、自分が英語をしっかり勉強してこなかったことや、英語の習得にかかる時間を考えると絶望的で、後悔の渦の中に何度も引き込まれていました。

何度引き込まれたかわからないほどで、もう半分渦の中に埋まってるのがデフォルトみたいになっていました。笑

 

やり方にもよりますが、一生懸命勉強しているのに伸びを感じれないってなかなか辛い状況でした。

何事も0から1にするまでにもめっちゃくちゃ時間がかかる、ということをわかっていながらも心配になるくらい伸びません。笑

 

その勉強を、ワーホリという有限の時間の中で0から始めるのは少し、いやだいぶ、もったいないんですよ、本当に。

 

本来の目的のためにも英語を勉強していく

海外へ行って人生変えたいとか、外国人の友達を増やしたい、ローカルのカフェで働きたいなどなど海外へ行く本来の目的ってありますよね。

そしてその本来の目的の他にも、海外で日本と違う生活を楽しみたいという思いもあると思います。

 

私は「人生を変えたい!」と思う一方、海外でたくさん外国人の友達を作って、カフェで働いて…という理想を描いていました。

そうなると、ある程度の英語が必要になってくるんですよね。

 

私は英語が話せないまま海外へ行ってしまいましたが、話せないまま終わってしまうのは嫌だったので必死に勉強しました。

でもそうすると本来の目的達成のために使う時間を勉強に使ってしまう”ということが発生するんですよね。

 

仕事に英語の勉強もしつつ、友達とも遊んで家事をしてとなると生活にだんだん追われていって、あれ私何してるんだっけ、何でここに来たんだっけ、みたいな気持ちになっちゃってました。

なのでワーホリを始めた頃は勉強や生活に追われていたと同時に、すっごーーーーーくモヤモヤしていました。

 

 

皆さんには海外へ行く前に、”相手の言っていることがある程度聞き取れる・自分の伝えたいことがある程度伝えられる”というレベルにはなっておいてほしい。

 

これもなかなかハイレベルなんですけど、現地で英語を効率よく伸ばしたいと考えているのであれば、現地へ行く前に自分の英語力を0から1にしておくこと。

それだけで世界は違ってみえます。

 

きっと皆いろんな理由を抱えている

私は会社を辞める前、なんかもう鬱っぽくなってしまって勉強どころでなくなってしまいました。

会社を辞めてオーストラリアに行くまで2ヶ月ほどあったにも関わらず勉強はあまりはかどらず、自己嫌悪にも陥りました。

 

もう現地に行くことでしか学べないと思って現地へ行きました。

それから鬼の後悔をすることになったんですけどね。笑

 

でも、きっと誰に言われてもできなかったかもしれないなと。

だから今皆さんがこれを読んだところで、めっちゃ英語の勉強がんばる!とはならないかもしれません。

でも、だからといって伝えないという選択はできないので書きました。

 

ただ、皆さんにも色々あると思うので、それとまず向き合って、本当に少しずつでもいいので英語の勉強を進めて頂ければなと思います。

 

私がブログを発信する理由は、私の体験談を読んで自分も変われるんだと思ってほしいだけでなく、実際にこれを読んでくださる方が何か変えようと思って行動に出てもらいたいからです。

だから最初の一歩を踏み出すきっかけにでもなればいいなと本当に思います。

さいごに

海外へ行くすべての人が英語を伸ばしたいと思っている訳ではないので、これが全員に当てはまる訳ではないのですが、英語を伸ばしたい!と思っているのにそうできなくなってしまうのは、悲しいです。

 

私も「海外へ行ったら恥ずかしいなんて気持ち捨ててドンドン英語で話そう!」とめっちゃ意気込んでました。

海外へ行ったら自分が勝手に強くなれるような気がしていたんです。

 

これは半分正解で、半分は不正解。

海外へ行っても”自分は自分なんだ”と思う瞬間がたくさんたくさんありました。

当たり前ですね。

 

だから運とか環境とか意気込みに頼るのではなく、確実にいい方向へ進めるような準備”をしてほしいのです。

人生が変わるほどのチャンスを、準備不足で逃してしまうとしたらとても不甲斐ない。

 

 

皆さんは頑張れる力を持っています。

それを忘れないで下さいね。

 

 

 

 

***お知らせ***

noteというサイトで「海外初心者がワーホリで失敗しないための教科書」500円で販売しています^^

 

ほんの少しの知識の差でワーホリは人生を変えてしまうほどのものになります。

人生変えたくて行ったワーホリだったけど、海外に行っただけじゃ人生変わらないと気づいた私が、ワーホリにいく前の人にこれだけは知っておいてほしいと思ったお話。

 

本気で人生変えたいという方へ向けて書いています。

無料で読んでいただける部分もたくさんありますので是非どうぞ^^*

(題名をクリックして頂ければnoteのサイトへとびます)

 

 

では^^/!!