悩みがつきないネガティブ人間だった私は自分のことが大嫌いだった

こんにちは、まきです^^

 

みなさんはよく悩んだり考え込む人ですか?

私は以前、め~ちゃくちゃ悩む人でした。

 

もう正直言ってどのくらいの時間を悩むことで無駄にしたんだろうと思うくらい。

多分、悩む人の中でもさらに悩む人だと思います。笑

 

小さいことにもすぐに悩んでしまう自分が本当に嫌いでした。

そして変わることができた今、悩みすぎてしまうみなさんに伝えたいことがあります。

悩んでもいい悩み・悩んでも無駄な悩み

この違いは大前提としてわかっていただきたいのですが、悩むことすべてが無駄だと言ってるのではありません。

解決しないといけない悩みもあります。

それが解決に向うものならまったく問題はないのです。

 

ここでいう無駄な悩みとは、”考えても答えが出ないもの・答えを出す気がないもの”です。

毎日毎日同じことを繰り返し悩み答えが出ない状態、むしろ答えを出す気もなく悩んでいるというよりかは心がネガティブなことで支配されているだけの状態。

こういう状態のことをここでは無駄と言っています。

 

以前の私は、”考えても答えが出ないもの答えの出す気がないもの”がずっと頭の中をグルグルしていました。

 

ですが、そもそも私たちは同じことを繰り返し考える生き物みたいで、人は昨日考えた95%のことを今日も考えるといわれています。

これだけでも驚きなのですが、そのうち80%はネガティブなことらしいのです。

 

いやいやいやいや、

もったいなすぎやろがーい( ・∇・)

 

数値化されて初めて、いかに時間を無駄にしていたか気づかされました。

無意識ってこわいですね。

 

人間は時々、過去のことや未来のこと、容姿や歳、自分の生まれた境遇などに悩みますね。

 

つまり”変えられないもの・まだわからないもの”です。

でも、悩みますよね。

 

変えられないとわかっていても、まだわからなくても人は悩んでしまうものなのです。

むしろそんなこと、悩む人代表の私が一番よくわかっています。

 

メンタリストのDaiGoさんのこんな言葉があります。

「自分のコントロールできないものに悩むと多くの時間を無駄にすることになる」

その通りですね。

 

時間を無駄にするだけでなく、人間は考えなくてもいいことや考えても仕方ないことを考えていると脳の力が低下していくそうです。

はい、もう悪循環でしかないですね。

 

たくさん悩んでも、人生は変わらないんです。

 

常識とは一体何か?

アインシュタインの「常識とは18歳までに身に付けた偏見のコレクションのことをいう」という有名な言葉がありますが、本当にその通り。

 

生まれるとき、人は環境を選べません。

人は幼い頃にいた環境によって人間は大きく変化していきます。つまり自分の親が自分の常識の大半をつくっているのです。

 

例えば、「大人になって夢なんか語っていてはダメだ、正社員こそが立派な大人だ。」と親に言われ続けると「大人になって夢を語るのはダメな大人だ」と思い込んでしまいます。

 

一方、「人生一度きりなのだからやりたいことをやりなさい、人生は自分次第なんだよ」と教えられてきていたら「人生は自分次第、やりたいことをやるのが人生なんだ」と思いますね。

 

そうです、常識とは思い込みなんです。

 

自分の周囲にいる人間の価値観や考え方を幼い頃に植えつけられ、それが自分の常識になっていくのです。

そう考えると怖いですね。

そしてその常識に苦しみ、悩んでいる人はたくさんいます。

 

でも、人生二度なしです。

常識に縛られて悩んでいる時間はどこにもありません。人間こうでないといけない!ということはないんです。それに気づいていない人が本当にたくさんいます。

私たちは、もうその常識を変えることができる大人なんです。

 

悩みすぎる人の傾向

悩みすぎる人の傾向についてDaiGoさんの「運は操れる」という著書から抜粋します。

 

”不安傾向が強い・ネガティブな人は、自分の周りで起こっている物事の変化に気づきにくくなり、新たな物事を受け入れにくくなる。

不安を抱えていると新しい取り組みをしないため、幸運にも気づかない。「やってもうまくいかない」「以前も失敗した」と否定的になり、そのまま何かに挑戦すると、失敗の可能性が高くなる。

そしてうまくいかなかったときに「ほら、やっぱり」「自分はついてないから」と不幸を受け入れてしまう。

一方、ポジティブな人はリラックスしているから全体を見渡しチャンスに気づきやすい。”

 

納得でしかないですね。

人のことも、失敗した途端手のひらを返して「ほら、やっぱり失敗した」と言ってくる人いますよね?

あんなの気にしちゃダメ、ただのネガティブ人間です。笑

 

「運は操れる」というタイトルですが、スピリチュアルではなく科学的根拠のあるものについてのお話です。

毎回DaiGoさんの書く本は本当にめちゃくちゃ勉強になります。

そして今回も納得することばかりですっっごくおもしろかったので、よければ読んでみてください。

ネガティブ思考をやめて人生変えたい人!!おすすめです!

 

自分の頭で悩むのは無駄

毎日毎日クヨクヨと悩んでいる悩みは、自分の小さな頭では解決しないのです。

それでも答えの出ない悩みをずっと悩みますか?

そこでずっとずっと悩んでいたいですか?

 

ずーっと悩んでる人って、その悩んでいる状況から抜け出すことすらこわくなっているんです。

本当に悪循環でしかないですよね。

 

そしてネガティブや不安なことで頭がいっぱな状態でいいことってやっぱり起こりにくいです。

そこから抜け出して自分の考え方を変えないと、ずっと答えが出ていないものに悩んでいる時間は無駄です。

 

考えても仕方のないことに悩んでいるなと思ったら即座に思考をストップさせて下さい。

考えるならせめて、制限時間を設けて考えるなどの工夫が必要です。

 

行動することを大切にしよう

毎日答えの出ないことに頭を悩ますくらいなら、「未来をどう変えていくか」ということに悩みたいですよね。

そのためのいい方法は「行動する」ことです。

 

行動すれば、少しずつですが何かが見えてきます。

私はオーストラリアへ行って、自分の常識がいい意味でぶっ壊されてすごくワクワクしました。

それからオーストラリアのど田舎へ行ったり、バリやタイに行っていろんなものを見ました。

 

日本で悩んでいたことも忘れてしまうくらい、衝撃的なことがたくさんありました。

 

そして自分の経験を生かしてワーホリに行きたい人たちをサポートをしたり、英語を教えたりしています。

人生が本当にあり得ないくらい変わり続けています。

 

きっとあり得ないことなんてないんですね。

本当に自分次第なんです。

 

さいごに

みなさん、いつか死ぬのです。大げさですけど。

 

命を削って、悩んで、、、そのせいでネガティブになる。

一度しかない人生をそんなことで無駄にしてしまう。

どんな怖いことか、わかりますか?

 

私は、せめてこのブログを読んでくださった人には何か変わってほしいです。

変わるきっかけになればいいなと思っています。

 

人が変われない生き物なら、ここまで言いません。

変われるから言います。

 

悩むことは、自分とちゃんと向き合っている証拠なんです。

だから、もっと堂々と生きていきましょう。

 

悩み続けるのも、前に進むのも不安なら一緒に前に進みましょう。

人生二度なし!!!

では^^!