ワーホリに行く勇気がなくて何年間もずっと悩んでいた

こんにちは、まきです^^

私は27歳のときにワーホリでオーストラリアに来たのですが、「海外に住んでみたい」と本気で思いはじめたのは大学生時代の頃なんです。

なので、実際めちゃくちゃ長い間ワーホリに行くことを悩んでいました。

控えめに言っても5年以上は悩んでました。(長い)

 

海外に憧れていた中学生時代

海外に興味を持ちはじめたのは中学生の頃、高橋歩さんの「Adventure Life」という本を読んでかなり衝撃を受けました。

周りの大人を見て「大人は大変そう」「楽しくなさそう」という思いを中学生ながらに抱いていたので、高橋歩さんを知ったときはじめて「こんな大人になりたい」と思いました。

それからは「世界一周してみたい」「旅人になりたい」という思いを漠然と持ちはじめました。

 

本気で海外に行きたいと思いはじめた大学生時代

本気で海外に行きたいと考えはじめたのは大学生の頃。

ビレッジヴァンガードが大好きでよく行っていたのですが、高橋歩さんの本はもちろん「世界の絶景」「世界遺産」などの本を見てはひたすら感動していました。知らない世界がこんなにもあるということに驚き、そして「いつか絶対にこの景色を自分の目で見てみたい」と強く思うようになりました。

 

ただ当時はほんとうになにも考えていない大学生だったので、大学からはじめたダンスに没頭し、授業をサボり、バイトをするという普通の大学生でした。

海外に行くお金はなく(つくろうとしていなかった)、大学時代は楽しいことに流される毎日でした。

 

大学4回生になった頃、いったい自分は将来どうなるんだろうという不安に悩まされました。

みんなが就活に向けて動いている中で自分だけが取り残されている感覚。でもみんなに流されて就職をするというのはやっぱり腑に落ちなかったのです。

ただ漠然と「就職したくない」「好きなことをして生きていきたい」「海外に行きたい」という考えだけはあったのですが、どうしていいかわからずただ時間だけが過ぎていきました。

 

自分の自信のなさにずっと悩み続けていた

少し話はそれるのですが、私には小学生の頃くらいからずっと抱いている悩みがあります。

「自分に自信がない」ということ。

とにかく、もうとにかく自分に自信がなかったのです。

何をするにも不安、自分の考えに自信が持てない、他人にどう思われているかが気になる…などなど。

 

正直、なにがきっかけだったのかわかりません。

気づいたらそうなっていた、という感じ。

 

なので数年間、自分という人間ってなんなんだろうとずっと考えていました。

本とかめちゃくちゃ読みましたからね。

とりあえずめちゃくちゃ悩んでました、私。

 

私は、新しいことをはじめてもいつも中途半端で終わるパターンがほんとに多く、やり遂げることができない自分が本当にきらいでした。今考えたらなんて時間を無駄にしてたんだ~!と思います、ほんとうに。

 

そして「自分にはなにもない」と感じ、いつしかそれは「自分にはなにもできない」「私の人生はこのまま過ぎていくんだ」という思い込みに変わりました。

その思い込みはもちろんワーホリに行くまでの長い間、私を悩ませ続けたのです。

 

海外へ行きたいという思い

大学を卒業してからさらに「海外へ行ってみたい」という思いは強くなりました。

なぜかわからなかったのですが、海外に行けば自分の悩みが解決できるような気がしていたんです。とりあえず日本から出てみたい。そしたらきっとなにかしらわかるんじゃないかとただ感覚的に思っていました。

 

大学を卒業してからはバイトをしたり、沖縄へバックパッカーをしたりと自由に過ごしていました。

海外へ行くという一歩が当時の私にはとてもこわくて、「来年こそは」と言い続けて何年も先延ばしにしていました。自信がないビビりな私にとって海外というのはほんとうにめちゃくちゃ高い壁でした。

でも「どうしても行きたい、行かないときっと一生後悔してしまう」と思い、少しずつ貯金や英語の勉強をはじめました。

 

私の中でこれ以上先延ばしにはできないという思いも強くなっていき、勇気を出したのが27歳。やっとの思いでオーストラリアへ飛び立ちました。

ほんと長かったなぁ…

 

やっと人生でやりたいことを見つけることができた

27年間、実家で暮らしてきた私にとって家族から離れて暮らすのははじめて、さらにそれが海外という…もう人生これまでにないはじめての連続でした。

 

正直、めちゃくちゃビビってました。でも「あぁ、やっと人生はじまるんだ」という感覚が私に緊張よりもはるかに大きな勇気を与えてくれました。

大げさですけど、ほんとにそんな感覚でした。

 

正直、もっと早く海外へ行っていたらと考えることもありました。

でも、きっと今じゃないとダメな理由があったんです。そしてそう思えるように行動していきたいんです。

そう思うことができれば、長い間悩んでいたその時期すらも必要だったと言えるのです。

そうなりたいので、やるしかないんです。

 

さいごに

今の自分に自信がない人、自分を変えたいのになかなか変えられない人、いると思います。でも大丈夫です。

変われます。

絶対に変われます。

 

変わろうと思えば。その思いを少しづつでも行動に移せば。

踏み出したのは小さな一歩でも、その歩みをとめなければ自分の想像以上のところに行くことができるんです。

 

スティーブ・ジョブズのこんな言葉があります。

「もっとも大切なのは、自分の心と直感に従う度胸である。君は自分がどうしたいのかをすでに知っている。他のことは二の次でいい。」

 

うん、そう。

ビビりの私にとって度胸という言葉とは無縁で生きてきたようなもんです。ですが絶対に不安をずっと抱えて過ごしていたあの日々には戻りたくない。

「自分を変えたい」ということだけは強く思っていたので、あとは心と直感に従って行動に移すだけ。

そして私は自分を変える努力を始めました。

それは「他人から見たら別にすごくないこと」でいいんです。自分にとってそれが挑戦であればいいのです。そしてそれを重ねて少しずつ成長すればいいのです。

 

私は悩んで過ごした時期がすごく長かったので、こうしてやりたいことを見つけてそれをに向かって進めていることだけでも今ほんとうに楽しいです。

 

うまくいってなかった時期が長かったので今余計に熱量がすごいと思うんですけど、とにかく一緒にがんばりましょうということです!

 

これからです、みなさん。

では^^/